アコムの口座振替について


アコムの口座振替について

不動産売却での仲介手数料の値引きについて

不動産売却では、仲介手数料、登記費用、印紙代などさまざまな費用がかかりますが、このうち最も負担が大きいのが仲介手数料ではないでしょうか。仲介手数料の上限は法律で決められており、不動産の売買価格が400万円超の場合なら「3%+6万円+消費税」が上限となっています。3000万円の不動産が売却されたケースなら、およそ100万円となります。これは上限なので、必ずしもこの限度まで払わなければならないというわけではありませんが、不動産会社の唯一の利益と言えるものなので、ほとんどの場合に上限の金額が設定されていると思われます。

不動産売却では、ほとんどの場合に不動産会社に仲介を依頼することになります。それは、費用を支払ってでも不動産会社に依頼をしたほうが、物件をより高く、より早く売却することができるからです。そして、不動産会社としても、不動産売却が成功すれば会社の利益となりますので、利害は一致しています。

仲介手数料の値引き交渉をすることは可能であり、交渉をするまでもなく、キャンペーンなどで割引をしている会社もあります。しかし、不動産会社を選ぶときは安さで選ばないことが重要です。不動産会社はボランティアでやっているわけではなく、利益を得るためにやっていますので、値引きをしてしまうと、その分販売活動のコストを下げられてしまったり、本気でやってくれなかったりします。もちろん、ケースバイケースとなりますが、わずかなお金を惜しんだために、もっと大きな損失が出てしまうということは避けるべきでしょう。
参考


Comments are closed.