アコムの口座振替について


アコムの口座振替について

郵便局の簡易保険からお金を借りる方法

郵便局の簡易保険のみならず、積み立てるもの(掛け捨てではないもの)であれば、貸付可能額が設定されており、通常の契約で解約した時に帰ってくる還付金の額のおおよそ90%まで貸付(お金借りる事)ができます。例えば解約還付金が100万円
でしたら、おおよそ90万円までお金を借りることが可能です。解約還付金は満期で得られる金額ではなく、途中で解約した時に返還される金額です。融資の範囲内(還付金より少ない額)であれば、その範囲内で追加融資を受ける事が可能です。ただし融資を受ける(解約せずにお金を途中で借りる)と利息が発生します。貸付の利息は、保険積立満期で得られる金利より、上に設定されており、借用期間が長くなり、解約還付金の額を超えてしまうとその時点で、保険の効力は失効します。また保険料の未納が3か月以上になってしまうとその時点で失効します。返済期日が保険満期に近い場合には貸付を実行し返済期日までに利息だけ払いつづけて満期時に相殺する方法があります。借りる額が多くて返済にめどが立たなくなった場合は、今後の払い込み利子と返済額の両方を比較して払い込みが高くなる場合には解約してしまう方法もあります。そして余裕が出来たら、入りなおして新しい契約をするのが得策です。なお、郵便局の簡易保険で貸付を受ける場合に必要な書類は、保険証書が必要です。また認め印や運転免許証や健康保険証などの身分証明書が必要です。最近ではマイナンバーカードでも可能になりました。契約した郵便局でなくても近くの窓口がある郵便局で貸付の手続きが可能です。


Comments are closed.